« BIGGER BIZ~絶体絶命!結城死す?2003.2 | トップページ | テングメン »

千作千之丞の会 第一回

茂山狂言会
 千作・千之丞の会 第一回 2006.2.14  SS席で10000円

国立能楽堂(千駄ヶ谷)

「枕物狂」(まくらものぐるい) 茂山千作 宗彦 茂 千三郎
「千切木」(ちぎりき) 茂山千之丞 正邦 千五郎 あきら 七五三 他

狂言は興味の無い人には本当に足の踏み入れにくい舞台でありますが、
一度踏み込んでみたら、おもしろさにぐいっっと引き寄せられます。

まず、舞台の好きなひとなら、古典コメディーとおもって観れば面白いのではないでしょうか。

今回みたのは、京都の茂山家の舞台(でも茂山家の舞台に行くことの方がおおい私(^^;)

「枕物狂」は100歳のおじいさんが恋になやんでいるから、ぜひ引き合わせてあげようと
孫二人が画策する話。
おじいさんは人間国宝の茂山千作先生。この人の芸は本当におもしろい。
対する孫は本当の孫(笑)宗彦さん 茂さん。
相手の娘は 千三郎さん。千三郎さんは小柄だし、女形が似合いますね。このときは面をつけていました。

おじいさんの照れと恥 そして喜び。みてるだけでほのぼのする千作さんがひかる舞台でした。
そしてかなり笑いました。千作さんは舞台にでただけで笑いを起こすすごい人です。
大蔵流 三老曲のうちの一つ「枕物狂」堪能しました(^^)

「千切木」は連歌の会で仲間はずれにされて一人だけ呼ばれなかった太郎(千之丞さん)が講中に押しかけて
ものすごい悪態をつく。しかしみんなにこてんぱんにされて放り出させる。連歌にあつまっているみんなの、
太郎を嫌っている言い様がものすごい(T T)かなり面白い言い方をしています(笑)
そこに太郎の女房(正邦さん)がやってきて、やられっぱなしでいいのか!?と棒(コレが千切木)を持たせてもう一度、行かせるが…
女房はかなり怖い感じだが、太郎は意気地なし。家の前で読んでみては「留守のようだから」と帰ろうとしたり・・・。

この太郎と女房の掛け合いも面白い。かかあ天下といった感じ。


千之丞さんは千作さんと兄弟。
おたがい80歳を超えての公演。ちなみに千作さんは米寿記念公演だそうだ。
いつまでもお元気で舞台をみせていただきたい。
第二回目公演(7月)は用事があっていけない(T T)のですが、機会があったら次こそは行きます。
(何せ、狂言は2日しかやってないので…)
今回もバレンタインデーでした(なにやってるんだ私は(笑))

出店(本やDVDを売っている特設コーナー)では茂山家の女性達が、本やカレンダーなどを販売してました。
千作様の本がサイン入りで売ってた(T T)でももう買っちゃたんだよ~ぅ。すごく残念っ。
とっても楽しい女性達でお話しながら売ってます。
能楽堂に行ったときはぜひお寄りください(宣伝!?)

|

« BIGGER BIZ~絶体絶命!結城死す?2003.2 | トップページ | テングメン »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186991/11569024

この記事へのトラックバック一覧です: 千作千之丞の会 第一回:

« BIGGER BIZ~絶体絶命!結城死す?2003.2 | トップページ | テングメン »