« リンリン♪ランラン♪ | トップページ | 解体セール! »

コリオレイナス

Coriolanus 蜷川演出シェイクスピア「コリオレイナス

彩の国さいたま芸術劇場 S席9000円。

しかし、彩の国…遠いよ。埼京線にのってえんやこら。
目指すは「与野本町」という駅。
ほんとうにここに劇場があるのだろうか?とどきどきするようなのどかな風景。

徒歩7分(嘘だね、12~3分はかかるな)で彩の国劇場に到着。
なかなか良い劇場でした。
この劇場のすばらしいところは、首都中心部から少し離れているのを自覚しているところ。
チラシの間に挟まっている埼京線の時刻表が物語っている。
すばらしい(^^)

キャスト:ケイアス・マーシアス・コリオレイナス 唐沢寿明、
     母ヴォラムニア 白石加代子、
     タラス・オーフィディアス 勝村政信
     妻ヴァージニア 香寿たつき
     友人メニーニアス 吉田鋼太郎
     護民官シシニアス 瑳川哲朗
     コミニアス将軍 原 康義


コリオレイナス>
日本で上演することは珍しいちょっとレアなシェイクスピアタイトル。
ローマが舞台の戦争・陰謀物。
ケイアス・マーシアス・コリオレイナスはローマ軍の軍人(貴族)。
都市コリオライに一人閉じ込められても戦い抜き勝利する強さ。そして強さゆえの傲慢さをもつ人間。
その傲慢さが災いしてローマ市民には嫌われている。
執政官になるための市民投票を得るため嫌々市民に愛想を振りまくが、結局言葉の端々にでる傲慢な態度に怒りを覚えていた市民たちは、
護民官たちにそそのかされてコリオレイナスを追放してしまう。

追放されたコリオレイナスは、敵対していたヴォルサイ軍の指揮官 タラス・オーフィディアスに助けを求め、
ローマに反旗を翻す機会を与えてくれるように頼む。
オーフィディアスは友人のように迎え、精鋭の兵士を貸し、その願いを聞いてやる。

ローマでもっとも強かった軍人を追放してしまった市民は、
攻めてくるヴォルサイ軍から身を守るすべをもたない。

ローマに住むコリオレイナスの友人・妻・息子・母が
祖国を蹂躙しない様に嘆願するが…。

そして、友として迎えたオーフィディアスは徐々にコリオレイナスの傲慢さが鼻についてくる。そして…。

どこの世でも強すぎる軍人というのは回りに危機感を抱かせ、
陰謀の対象になるものだが、
この話はいずれも国の貴族・元老院議員にはかばわれているコリオレイナス。
そして追放したり暴動したりして、迫ってくるのは市民である。
主人公のコリオレイナスは高潔さゆえに、市民におもねることが全く出来ない。
市民参政権をとりあげようとしたり、市民のことをねずみや化け物呼ばわりしたり、口が悪すぎる。
しかし、どうしても自分に嘘をつくことができないというその信念が自分自身を滅ぼしてしまう。戦争で出来た名誉の負傷すら人に見せるのを拒む。

結局市民はたとえ嘘であっても美辞麗句を聞きたがり、
自分達を守る振りをしてくれるものしか信じないという
ちょっとした皮肉が込められているように感じる。
まぁ、あそこまで口が悪いのもどうかと思うが(笑)
思ってても言っちゃぁいけないことってあるよね(^^)

膨大な台詞量、そして難しい言い回し。
しかも魅せる演出。さすが蜷川作品。
面白かった。全然退屈しなかった。すばらしい。
スタンディングオベーションだわ!(遠いからあんまりアンコールできなかったけど)

|

« リンリン♪ランラン♪ | トップページ | 解体セール! »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186991/13743427

この記事へのトラックバック一覧です: コリオレイナス:

« リンリン♪ランラン♪ | トップページ | 解体セール! »