« ハッピーバレンタイン! | トップページ | レイトン教授 »

千作千之丞の会(第二回)

今日は昼はギフトショー夜は狂言です。
何を隠そう去年も同じルートを会社の先輩とたどっていた(笑)


千作・千之丞の会(第二回)です。
今日の番組は
「二人大名」  大名甲 茂山千五郎  大名乙 茂山千三郎  道通りの者 茂山あきら
都に上る二人の大名がお供がいないのは面白くないので通りすがりの者に無理やり太刀を持たせてお供のようにしようとするが、逆にからかわれているのに嫌気がさした男に、太刀で脅されて…いろんなことをさせられる。けっこうばかばかしい物まねなど。
とくに起き上がり小法師の真似は最高です(笑)

「縄綯」     太郎冠者 茂山千之丞 主人 茂山正邦 何某 茂山七五三
結構何度もやる有名なお話ですが、借金のカタに太郎冠者までかけて負けてしまった主人が、何も言わずに何某のところにやる。事情を何の説明もなくほかの人に預けられてしまった太郎冠者は腹を立て、命じられるものにいちいち理由をつけて働かず、
何某は主人のところに戻すことにするが…。
もとにもどった太郎冠者が何某のことを悪くいうのが本当にひどくて笑えます…。

「無布施経」  僧 茂山千作 檀家 茂山千之丞
いつもお布施をくれる檀家がお布施を忘れたので、黙って帰ろうとおもうが途中これが例になっては困るなともどって、いろいろ説法のなかに「ふせ」という言葉をまぜて思い出させるように頑張る話。
でもいざ思い出した檀家に逆に意地をはって布施はいらんと見栄をはって受け取れずにいる僧。檀家の千之丞さんのとぼけかたも最高ですが、僧の千作さんもおもしろくって本当に笑えます。

どれもよくやる話だったけどやっぱり千作様は最高だと思った。ちょっと歳を感じるようになったのはさすがに年齢が年齢だからだけど、
それでも面白い。
まだまだ舞台に立ち続けて欲しいと思うのは贅沢だろうか。

茂山家は本当にサービス精神旺盛なので、
休憩時間などにロビーで売っている本に、出演者がサインをするというイベント?を行っていた。
そういやこないだも千五郎さんが座ってたりしたなぁ。
やっぱりサインすると売れるだろうなー。
実際買っちゃったし(笑)
そしてサインしてもらった。
長蛇の列。

でも 千五郎さん・千之丞さん・七五三さん・正邦さん・宗彦さんと5人にもらえてほくほくです。
…出演者で千三郎さんがでてこなかったなあ…残念。
ちなみに千作さんは「お歳(←おうちの方がおっしゃってたのよ)なので」おられませんでした(T T)

|

« ハッピーバレンタイン! | トップページ | レイトン教授 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186991/13918383

この記事へのトラックバック一覧です: 千作千之丞の会(第二回):

« ハッピーバレンタイン! | トップページ | レイトン教授 »