« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

富士吉田うどん

富士吉田うどん麺′S FUJIYAMA
に行きました。
富士吉田うどんを食す。
具だくさんでこしのあるうどん。
これで600円は安い!

富士吉田うどん駐車場30台とるるぶにあったので、

分かり易い場所にあるのかとおもいきや…
めっちゃ、見つかりにくい場所にあります。
ナビにもでません。

富士吉田うどん遠景写真見てみればわかると思いますが、林の中です。

…わかるかぁっ泣き顔
行きたい人は「昭和大学」とナビにうってみよう…近くです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リフレッシュ休暇

リフレッシュ休暇
笛吹川フルーツ公園で
まさかの足湯 100円。


本当はフルーツ狩できるかなーと思って行きましたが、
「鑑賞用です、狩れません」とな。
orz…残念。


写真は展望足湯。傘貸してくれます。
被って足湯してると「豆腐小僧」みたいな気分になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェアトレーダー!

フェアトレーダー!(編集中)
フェアトレーダー(私の造語)決して株トレーダーとかの仲間ではありません。

ちなみに、フェアトレードとは
貧困や差別などで就業の機会に恵まれない生産者の為に、
適正価格での継続的トレードで自立を支援する事。
最近「すき屋」で東ティモールのコーヒーが売られている。
(↑結構美味しいので見かけたらぜひ。ドリップパック1つ50円)

今回は、ネパールのフェアトレード商品の店に行ってきました。
ネパリ・バザーロ ベルダ
お店は地球市民かながわプラザにあります。


いやー、欲しかったのはオールドサリーのはぎれを編んだジリミリシルクのポーチ(右下)だったんですが、
いろいろほしくなってしまってf^_^;

結局、予定していた紅茶とコーヒー以外にもお買い上げ…。

・ハンディクラフトの刺繍入りのバッグ\3200。
(実はこの賞品、たまたま私が気に入った白(最後一点)が、
 内ポケット付け忘れされていて難あり冷や汗
・ジリミリシルクポーチ\1500。
(はぎれを編んでるのでしょうがないですが、
 この一点のみやたらと糸がはみ出ていて店員さんに
 「これでいいですか?」と聞かれ購入。
 でもこのサイズのポーチはこれがラスト一点
・コットンルームシューズ\2300。
(これも靴底に貼ってある皮が一部変色?あり)

すべて店員さんに「こうなってますけど大丈夫ですか」と聞かれて納得済みで購入。
だって、手作りだしちょうどその風合い・色は一点ものだったから
しょうがないよねほっとした顔それも味だ
ちょっと遠かったけどまた行きたいお店です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

自爆ゲロ事件!?

芝居帰りの小田急線。

割と混雑していたけど、早く帰りたいので
急行に乗った。

急に車内がざわめいて動揺し人を掻き分け動く人人人…???

何だろうと思っていたら
座っていたサラリーマンがいきなりリバースです!!

うをっふらふら

そのゲロの上に突っ伏すサラリーマン。
もう自爆ゲロです。

次の駅で親切なおじさん(たぶん他人)達に両肩をつかまれ、
カバンも持ってもらい下車したその人。

…車内に残るゲロ…。

私は立ってたし、次の駅(急行だからちょっと先だけど)で降りるからいいけど、
おそらく始発を並んで座っていた人たちはたまらんだろうなぁ…泣き顔
降りるのも癪だろうし、でも…げっそり

ゲロ発生とテロ発生は字面が似てる。被害は違う がどちらも迷惑がく~(落胆した顔)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スモーカーズ

Photo 友人の出てる芝居見てきました。
最初の一場はまるで洋画を観てるようでした。かぶりかぶりの台詞とタイミングが欧米っぽい。

その辺からどんな話なんだろうとドキドキしていました。
もしかして、ついていけない…もしくは入り込めないタイプだろうか…と。

いやはやしかし、なかなか面白かった。
もちろん最初の洋画のようなオープニングも無駄についてるわけではないんです。
話の展開はちゃんと日本もの。

「駄目な大人の前向きな現実逃避」がコンセプト。

主人公は金曜日の夜、真面目に会社勤めをして帰ってきた。すると、部屋の中はがらんどう。
奥さんが出て行った後。
しかし、彼には自分のどこに落ち度があったのか分からない。

そして、その義兄が同棲中の彼女に追い出されて
転がり込んでくる。
妻に出て行かれた主人公にしてみればほとんど他人のその義兄。
これがまた絵に描いたようなダメ人間。

いつまでたってもぷらぷらと芝居をやっていたり、
定職につかなかったり。
うっ自分で書いておいて結構耳に痛い言葉です(笑)

そこに同じく負け組みの大人が集まってくる。
彼らの起死回生一発逆転はどんな作戦で行われるのか!


中野MOMO にて
「スモーカーズ」
9月20~24  3000円(前売り)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロマンス

「ロマンス」
こまつ座&シス・カンパニー公演

世田谷パブリックシアター
作:井上ひさし 演出:栗山民也

出演:大竹しのぶ・松たかこ・段田安則・生瀬勝久・井上芳雄・木場勝己

チェーホフの生涯を
少年(井上)・青年(生瀬)・壮年(段田)・晩年(木場) の4人のチェーホフが演じる。
そこに妹マリヤ(松)と妻オリガ・クニッペル(大竹)が絡む。

チェーホフといえば、ロシアの作家。
「三人姉妹」「かもめ」「桜の園」…
実はチェーホフはヴォードビルを書きたくて書いたという話。
三人姉妹が喜劇とは…exclamation

医者であるチェーホフが家計を助けるために
娯楽小説を書き、結核をわずらい、
モスクワ新芸術座での成功、オリガとの出会い、
それが、短編のオムニパスのように
タイトルが付き、時が流れる。

最初は少年チェーホフ(井上)と雑貨屋の父(木場)と強盗(生瀬)
次は青年チェーホフ(生瀬)と妹マリヤ・チェーホワ(松)と医科学校の先生(段田)(木場)
患者(大竹)
壮年チェーホフ(段田)と十四等官の妻(大竹)友人(生瀬)
妻で役者のオリガ・クニッペル(大竹)
晩年チェーホフ(木場)と妻オリガ(大竹)妹マリヤ(松)
トルストイ(生瀬)昔の先輩で主治医(段田)

つまり短編2つ位ごとにチェーホフが変わり、
脇を固める役者が変わる。
最初から最後までほぼ変わらないのは松たかこ(警官役があったが)のみ。
大竹しのぶの詐欺まがいの患者のおばさん、相変わらずすごかった。
小さい人なのに舞台では大きくみえる。
生瀬勝久のやたら大げさなウェイター(壮年時代にでてくる)
も動きが面白い。 悲しみの表現!笑いました。

細切れになりがちなオムニパスが一本の芝居として
まとまっているのは観ていて見やすかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満員御礼(笑)

ホテルマジェスティ
演劇集団はじめのいっぽ公演  無事?終了
とにかくお疲れ様でした。
見に来てくれた人に言いたい。


いや、舞台はどうにか終わりました。
練習不足の3303号室
(役者が結構いっぱい出ていたので、
なかなか集まらなかった…)
それを、本番のみ集中力でほぼ失敗なく乗り切った!
その根性は褒めてあげたいと思うが…あせあせ

まぁ、
自分は端役だし、台詞を間違ったりするほどもしゃべらないけど、
全体が練習不足のまま幕を上げるのはやはり賛成できないふらふら
それが本音。


本当に見に来てくれた人に
「時間取らせてごめんなさい」といいたい気持ちでいっぱいです。
それなりに成功させようと必死だったので、
観客は喜んではくれましたけどね(^^;
ほんとに暖かい目に感謝です。
本当にご観劇のお客様、ありがとうございました
Photo

←これは役者の一人がスロープを手作りしてくれたんですが、
そのペイント(もちろん手書き)があまりに良い出来だったので、
思わず写真とってしまった。
3月の公演でもこの小道具は使う予定…とか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幕があくまであと4日

芝居の幕が上がる日が近づいてきました。

E0b152c9635a7d3556d81cdf79a38f59 課題もあるし、
芝居もあるし、
査定もあるし、

…全部大事で全部重点をおきたいけど、
身体は一つしかありません(笑)

私は舞台ではほとんどしゃべらないけど板付き。
うーん、暇で嫌だなぁ(^^;
あんまり小ネタやると怒られるし(演出家に)

そして、もう片手で数えるしか日がないのに、
いまだ完成を見ていない私たちのチーム。

オムニパスなので、他の2チームはかなり良い出来に仕上がりつつあるようだ。

さて、がんばれ!
明日の自主練でいい感じに持っていけるといいけど・・・・・(乞うご期待!)

演劇集団はじめのいっぽ「ホテルマジェスティ」
9月17日(敬老の日)15時~・17時~ 二回公演

テクノの教室をつかって小さな公演です。

この期に及んで、まだドキドキ感満載!
お客様と一緒にドキドキを体験できるかも!(あかんやん)

姐さん上の画像ブログからいただいてきました。すんません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日一番びびった事

来週公演の芝居に、演出家より、
今までの演技を根底から覆されるようなダメだしをくらったこと…よりも、

先日の台風9号
多摩川の中洲にとりのこされていて
ヘリで救助されていた人が
友人(芝居仲間)だったことに何よりもびびったよあせあせ

Photo 無事で何より…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わり…


私は何を隠そうカキ氷好きなんです。
夏には一度はカキ氷を食べに行く!

今年は目をつけていたお店になかなか立ち寄れず、
今頃食べに行きましたウッシッシ

絹のゆき。
練乳を混ぜた氷を削っているので、
ねっとりした舌さわり!!

美味しいハート達(複数ハート)!!今夏中にもう一度…っていつ終わるかわからないなぁ…
最近めっきり涼しくなったから泣き顔

ちなみに手前がマンゴー・左奥はコーヒー・右奥はプレーンです。
新宿御苑のお店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »