« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

KIRA~赤穂事件推理帳~

友人の芝居。
開演10分前に席につく。

…私一人しかお客がいなくてびびる(@_@。。
今、
ぽつりぽつりとお客さんが増えてきてちょっとε=(^◇^;ほっとした~。

モニターで出演していた友人に
「一人!?」ってビックリしているのを観られていましたがまん顔

感想としては、
友人の演技はくどかったけど内容としてはくどい役どころだったので
それはそれで良しだと思う。

お若い二人にはもう少し研究の余地があろうかと思うが…。

内容は、夏目漱石が赤穂事件を考察するというもの。
随所に右ひじをついた漱石の写真ポーズがいい味出してました。

そこそこ楽しめたお芝居です。
2500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小杉でスープカレー

小杉でスープカレー
武蔵小杉でスープカレーを食す。
Syukur (シュクル)武蔵小杉店。

写真はMOMOと野菜のスープカレー。
中辛だけどご飯のすすむぴり辛。
うまかったですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎大師

川崎大師
川崎大師に行ってきました。
風が強かったよー!

「合格祈願 35歳」って護摩木に書いたけど…

ものすごい浪人してる人みたいやー

今年こそ…!みたいな決意に見えるね(笑)

帰りにくず餅たべました。んまっ!

川崎大師

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18210円!?

Photo 池田暁子さんというイラストレーターさんが書いている本に、

「こんどこそ貯める技術」というのがある。

アマゾンのなか見検索があるからちょっと見てください。結構、笑えます。



つい最近私も似たようなことが起こりました。デジャブー?(←違う)

ATMatmというのは不思議なもので、お金を無尽蔵に出している様な錯覚を起こす便利機械なんですよ(←えらい勘違い!)

仕事をやめて、しがない研究生を1年ほどやっておりますと、
いままで10年、給料が定期的に入っていた通帳も数字を増やす手立てを失うわけでございます。

銀行が減って、ATMでなかなか記帳せずにいると

残高が驚きの18210円!wobbly


よくよくみたら、
ダンス教室の月謝が引き出されたり、研究科の授業料を引き出したり…
着実に使ってます。
ひゃ~カード詐欺とかかと思ったですよshocksign03(←アホ)

ビックリあわてて他の預金通帳からちょっと移動させたりして、
何とか手数料がかかるのを回避。
残高が減っただけで手数料が310円もかかるタイプの預金だからbank危ない危ない!

なんだこの綱渡り。ドキドキheart03

もーすぐ税金やら年金やら保険やらの請求の春ですよcherryblossom
キャーcoldsweats01頑張れ俺!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やったー(^ 。^)

やったー(^<br />
 。^)
ちまちまやってたレイトンを
やっと解明!

スライドパズルが苦手で…(≧×≦;)

こんな休日φ(.. )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間封印

人間封印
~書置きの風景~

2008年ルクト舎公演

麻布演劇市20周年記念公演
麻布区民センターホール 2000円

友人が出てるので観て来ました。
タイトル見るとホラー?かサスペンスかと思いますが、
説明を見ると喜劇のようです。

しかし、演出上のこだわりなのか、
笑いはありません。
不条理なのか?もよくわかりませんでした。
主人公は「自動販売機」とパンフにありましたが
それが効果的につかわれていたとも思えなかった。

私には難しすぎたのか…?
私も決して不条理劇が嫌いではないんですが…、
この舞台は観客に一切「おもねる」事をしない感じが漂っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朗読の会「花かずら」

友人が出ているので、葛飾エフエムの朗読の会に行ってきました。

最初の紙芝居朗読が
驚きのハプニング。
表紙のページが抜かれずに、
お話しは進むがずーっと紙芝居はタイトルだけを表示していたふらふら
まぁ朗読なんだからないならないでいいんですが…。

客席ではぼそぼそと「誰か言ってあげたほうがいいんじゃないの?」って声が…。
後半でやっと気が付きめくられたものの、
演台とマイクが邪魔でめくるたびにごつごつ当たってました。

うーん…がく~(落胆した顔)

後半はすごく良かった。
◆北川悦吏子作の「昔みたい」も
現代版牡丹灯篭という感じで、ぞくっげっそりとさせる最後が聞かせる内容でした。
◆この朗読のための書き下ろし作品
川瀬アキヒロ・長谷川大輔作「電車の中で会いましょう」も2人での朗読でしたが
男女のバランスと同じ話を2つの視点で朗読するというのが
聞いていて面白かった。
ラストも「こういう終わりなんだ…」と余韻を残すいい作品むふっでした。
◆藤沢周平作の「三年目」は古き日本的な匂いのする
ちょっと講壇を聞いているような聴かせる朗読考えてる顔

朗読って難しいもうやだ~(悲しい顔)
私はいまだに上手くできません。
抑揚があればいいってモンでもないし、無いと単調。
いろんな意味で勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいめカジュアル?

昨日髪の毛を切りに行ってから
どうも失敗した感が否めない。

最近の私を直接知っている方は
事務所から「見た目を変えろ」と無理難題をいわれ(笑)、
とりあえず、いろいろ試しているということをご存知だと思う。

前回、思い切って(3回くらいやり直しましたが)
髪を切り、わりかし好評?だったのですが、
伸びてきたのでまた切りに行ったのです。


オーダーは
「周りのひとに〝お、髪きった?〟って言われるように、
変化をつけてください」といったのですが、

美容師さんは「分かるようにたくさん切って」くれました。

仕上がりは悪くないがどうも幼くなってしまった気がする。
(いい歳してるのに…)

夫に
大人キレイめカジュアルみたいなのを目指してたのになぁ」といったら

「え?そうだったの全然気づかなかった(つか、明らかに無理だろそれ)!」と
言われました。Σ(゚Д゚)ガーン

どうやら方向性自体が間違っているようです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »