« ジャージマン | トップページ | 毒婦~千稿 »

東京劇団FES’08

東京劇団FES’08

スクエア(大阪代表)
「ひかげの軍団」
新宿シアターアプル 4000円

劇団FESだからいろんな劇団が
毎日日替わりのように芝居をする。
公演日が点在するからなのか、
舞台セットがいつもよりかなり簡素。

Hikage08 でもさすがのお芝居でしたよ。
登場人物も相変わらず少なくて、
キャストは
上田一軒
森澤匡晴
北村守
坂口修一
の4人。

演出は上田一軒さん
作は森澤匡晴

そもそも再演の作品だから、奈須さんバージョンも見たくて
思わずDVDを購入してしまった。
最近こういう散財が多いな。気をつけよう。

内容は、すっかりさびれた“日本の歴史体験ワールド”「千早赤坂歴史村」が舞台。
そこで働く役者たちは、映画スターを夢見る名もなき俳優。

月替わりで演目が変わる「歴史座」。
そこの主演俳優がテレビ出演のために欠場が決まり、
その後釜を将棋で争っている役者たち。

ところが、事務所はその代役として新人俳優を送り込んでくる。

明日の舞台を乗り切らなくてはいけない。
シナリオもキャストもすべて変えて、一か八かの勝負に出る。

「らぶこめ」以来の劇中劇が熱い!!

売れっ子になれずもがく、芝居馬鹿たちの日陰の話。


そう、どんな場末の劇場にも力いっぱい。
すったもんだのドタバタ劇。
面白かった。

|

« ジャージマン | トップページ | 毒婦~千稿 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186991/43436897

この記事へのトラックバック一覧です: 東京劇団FES’08 :

« ジャージマン | トップページ | 毒婦~千稿 »