« インドカリー | トップページ | 輪番停電 »

国民の映画

「国民の映画」Kokuminnoeiga

パルコ劇場 S席9000円
 三谷幸喜の舞台

遅くなりましたがレビュー追加です。

出演者>小日向文世 段田安則 白井晃 石田ゆり子
シルビア・グラブ 新妻聖子 今井朋彦 小林隆 平岳大 吉田羊 小林勝也 風間杜夫

三谷作品なので、コメディーだと思って観に行きました。
もちろん三谷さんっぽいコネタはたくさんあって楽しかったのですが、

話自体はとてもシリアスで悲しい物語。
甘いお菓子happy01と思って口に入れたら酸っぱかったsadみたいな…。

舞台は1942年、第二次大戦下のドイツ。つまりナチスの時代。
この時点で明るく楽しい話でないことは分かります。

今回の主人公は黒(ブラック)小日向さん。
三谷さんもインタビューで「黒小日向全開です」と言っていたくらいの
悪いほうの小日向さんでした。
オケピのピアニストと同じ人物と思えないほど(笑)

強烈なキャラクターなのは
風間杜夫さんと白井晃さん。白井さん…肉襦袢つけすぎだ。
顔と体のバランスが面白すぎる(笑)

段田さんは流石ですね。
この間の「大人はかく戦えり」と2連ちゃんで「面白い」と思った。

この時代背景なので、どうやっても悲しい物語
不条理劇を見た時みたいに、無言で帰りました。
小林隆さんはいいですねぇweep
期待していたベクトルではなかったけどお芝居としては良いものでした。

|

« インドカリー | トップページ | 輪番停電 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

これは、取りり損なった weep

揺れは続く...
今夜 夫は 帰宅難民。

投稿: mayumi | 2011年3月11日 (金) 23時51分

国民の映画、私も先日観てきました。
感想は・・
とにかく帰り道の足取りは重たく、口数は少なくなりました。

やっぱり三谷幸喜作品からは笑いと元気をもらいたかったな・・・

投稿: とぅーびぃ | 2011年3月28日 (月) 19時45分

さきほどは御挨拶も無しにいきなりコメントして失礼いたしました。
はじめまして、とぅーびぃです。

国民の映画があまりにもつらかったので、他の方はどんな感想かなと、飛び入りしてしまいました。

投稿: とぅーびーぃ | 2011年3月28日 (月) 19時55分

mayumiさん>珍しい、とりそこないましたか。
揺れに任せてレビューがまだですが、そろそろアップせねば忘れますな。
また後日。

投稿: ちゅん<管理者> | 2011年3月29日 (火) 00時05分

とぅーびぃさん>
 でしょ?
 馬鹿笑いを期待するとちょっと…
 今か今かとまってしまいました。
 三谷エロスの「ろくでなし啄木」のほうが笑えたみたいですね。
 次はベッジパードンだ!
 いきなりコメントありがとうございます。
 感想書いてなくてごめんなさい(笑)早く書きます。

投稿: ちゅん<管理者> | 2011年3月29日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186991/50994200

この記事へのトラックバック一覧です: 国民の映画:

« インドカリー | トップページ | 輪番停電 »